電子出版支援

広報媒体としての電子出版

出版費用がほとんどかからない電子出版は、企業の広報活動の新しい形です。無料キャンペーンを行うことも可能です。

電子書籍として販売すると、たとえばKindle書籍であればAmazonの膨大な顧客ベースを活用することができます。読者の購入履歴や参照した書籍の履歴に基づく、商品の推奨機能により、Amazonに宣伝してもらう結果にもなります。

電子出版のメリット

  1. 原稿があれば、迅速に、世界中の読者に向けて出版できます。
    これまでの実績では数時間で販売開始となっています。
  2. ロイヤリティは最大70%と、非常に高率です。
    印刷物とは比較にならない、高いロイヤリティです。
  3. 著作権者の意思で、様々な販促活動を行えます。
    価格設定は著作権者の一存で自由に決定でき、無料キャンペーンも行えます。
  4. 低額で出版でき、収益目的ではなく、広告として活用することも可能です。
    企業者の理念や活動実績など、様々な用途に利用できます。

基本サービス 10万円(税別)

サービス内容

  • Kindle Digital Publishing(KDP)アカウントの作成
  • 米国納税者番号の取得支援(必要な場合)
  • 書名、副題の相談(コピーライティングは行わず、コメントのみ)
  • 価格の相談
  • 文字中心のKindle書籍データの作成
  • 書籍販売ページの作成支援(内容紹介および著者紹介の文面)
  • 著者セントラルの作成支援
  • KDPキャンペーン等の活用支援

※上記以外は基本サービスに含みません

オプション

価格は個別のご相談となります。

  • 書籍のテーマおよび構成案の検討
  • 和文英訳
  • 英文チェック
  • クラウドソーシングを活用した表紙、挿絵等の発注代行

キャンペーン

表紙は売れ行きに大きく関係します。クラウドソーシングを活用した表紙デザインを、無料で発注代行します。

ランサーズでコンペを行い、5日間で23件もの優れたデザインが集まった事例があります。(うち3件は、提案されたデザインの改良版。)

※クラウドソーシングの実費は、別途ご請求させていただきます。

ご支援事例

  1. 島崎秀定氏. 「おもてなしの現状と課題」2017年9月13日発売
  2. 渡辺さとみ氏.「河を造るために」2017年5月28日発売
  3. 渡辺さとみ氏.「ふたつの国、そして日本」2017年5月27日発売
  4. 渡辺さとみ氏. 「老子とキリスト」 2017年5月4日発売
  5. タナカトシキ氏. 「サクラへ: アクアブルーのチューブの中から」 2015年8月25日発売
  6. 田口鉄之氏. “Restore Japan, Nippon! Yamato, rise! The sun also rises.” 2015年4月15日発売

 

最近の記事

カテゴリー